Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 18
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

株式会社西武ホールディングス様

議事録作成時間を3分の1に短縮
情報共有を迅速化
投資家対応の充実にも貢献
テーマ 議事録作成・書き起こし
サービス AmiVoice MinutesWriter
業種 ホールディングカンパニー

議事録等の作成にかかる業務負担削減を目的に導入

西武ホールディングスでは、これまでICレコーダー等で録音した音声を確認しながら、議事録等を作成していました。音声のテキスト化には多くの時間・人員を要し、業務負荷がかかっていました。
このような負担を削減し、社内全体の業務を効率化する為、AmiVoiceを導入しました。社内会議や決算説明会、社内行事等の幅広いシーンで使用しています。

IR資料のテキスト化業務を3名から1名に省力化

決算説明会の質疑応答やIRミーティング等の音声は、質疑の要点を漏らさずテキスト化し迅速に開示資料を作成する必要があり、業務負荷が特に大きくなっていました。導入後は、音声認識によって自動テキスト化された内容を、編集ソフト「AmiVoice Rewriter」を用いて修正するだけで済んでいます。その結果、記録作成の担当者を3名から1名に省力化できた他、記録作成業務の効率化で情報開示を1営業日早められた等、投資家対応の充実にも繋がっています。

社内行事等でも音声認識を活用。情報共有を迅速化

従来、社内会議の際には従業員を必ず1名、議事録作成に割いていました。導入後は、会議中に音声がリアルタイムでテキスト化される為、参加者全員が会議に集中できています。
また、社長訓示等の社内行事の音声をテキスト化する時間が以前の約3分の1まで短縮され、グループ全社への情報共有が迅速化されました。削減された時間を事実確認等に充てる事ができ、内容の質的向上にも効果が表れています。

持ち運び可能なマイク設備導入で、活用範囲を拡充

場所を選ばない運用を考慮し、超指向性小型スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」、マイク集約デバイス「AmiVoice Front HUB01」も導入しました。マイク設備の持ち運びが可能になった事で小会議室等、活用の幅が更に広がる事が期待されています。
今回の導入を元に、西武ホールディングスでは、西武グループ全体の業務効率化を視野に、音声認識活用の拡充を検討しています。

ご担当者様

 

 

 

(左から)
●経営企画本部 IR部 課長補佐 栗林 豊 様
●管理部 主任 森田 周平 様
●情報システム部 課長補佐 町田 元彦 様

(2020年2月時点)

製品へのお問合せ・製品情報について